派遣の入口 派遣の出口≫【派遣スタッフさん or 派遣会社営業さん向け】キャリアコンサルタント相談窓口詳しくはこちら

「この3社には登録しないと損!」大手派遣会社3選(求人数/拠点数/職種割合から比較・検証)

派遣会社を探すとき、オススメの派遣会社の紹介サイト『派遣会社ラインキング』など、様々なWebページをご覧になると思います。

それらのサイトはどれも分かり易くまとまっており、各社のメリット把握もできますが、たくさんの派遣会社が掲載されており、結局どれを選べば良いのか分からなくなったりしませんか?

こちらの記事では、そんな多数の大手派遣会社から、さらに登録しておけば間違いはない3社に絞ってご紹介します。

自ら派遣スタッフさんから伺ったお話や、求人数だけでなくその派遣会社の職種別求人傾向や、拠点のある地域など調査した情報を、今回整理してお届けしています。

参考にしていただけますと幸いです。

求職者

派遣会社ってたくさんあって、どれを選んでいいのかわからない。
選ぶポイントはあるの?

もとよし

大手の中でオススメの派遣会社は
テンプスタッフ、スタッフサービス、ランスタッドの3社。
これでかなり多くの求人を網羅できますし、登録者数も多い3社です。

この記事を書いた人

  1. 人材派遣業界に14年間従事
  2. 支店長やマネージャー職の管理職経験は合計7年以上
タップで読みたいトピックへ

結論:テンプスタッフ 、スタッフサービス、ランスタッドの3社には登録すべき

①テンプスタッフ について

画像引用元:テンプスタッフ公式サイト

事務職で仕事を探すのであれば、テンプスタッフは登録しておきたいところです。

また、営業系、IT系、研究開発職(実験職)、製造にも強く、総求人数が相当多いにもかかわらずこれだけ職種バランスが良い派遣会社はないと言っていいでしょう。

再就業率が高いことも有名で、つまり「フォローが手厚い/紹介できる求人数が多い」ことを示しています。

登録拠点が最も多い派遣会社でもあり、テンプスタッフのグループ会社合計の登録数は700万人にも及びます。これは派遣会社の中でもダントツの1位です。

②スタッフサービス について

画像引用元:スタッフサービス公式サイト

スタッフサービスの最大の強みは、何と言っても圧倒的な求人数です。求人数業界2位のテンプスタッフと比べても、その求人数はテンプスタッフの約3倍弱。かなりの数ですね。

特に介護関係の求人は他社の追随を許しません。また、IT/Web/クリエイティブ系にも相当強く、テンプスタッフの2倍の求人数を持っています。

この求人数の多さは、営業力の高さに理由があると業界内で聞くことがあります。唯一、全都道府県に拠点がある派遣会社、というところも影響しているのかもしれません。

③ランスタッド について

ランスタッドは外資系の派遣会社で、1960年にオランダで創業したランスタッド・ホールディングスが運営しています。

日本ではテンプスタッフやスタッフサービスより知名度は劣るかもしれませんが、世界最大級総合人材サービス会社であり、世界38の国と地域で積み上げた成功事例を世界各地と日本全国で共有、常に完成度の高いサービスを提供しています。

また、小さなお子さんがいる方へのベビーシッター割引制度や、ランスタッドクラブオフという国内20万カ所のレジャー施設/ホテルなどがお得に利用できる福利厚生が整っています。

ランスタッドは、事務職と製造職のそれぞれに登録窓口があります。

ランスタッド 事務職

画像引用元:ランスタッド公式サイト

ランスタッド 製造職

画像引用元:ランスタッド公式サイト

ランスタッドのファクトリー派遣が製造や物流をメインとした職種を扱っています。製造業派遣では、日本最大のスタッフサービスに次いで2位。多くの求人数・取引先を持っています。

未経験で高収入の求人、短期的に働ける求人、正社員を前提とした紹介予定派遣など、製造業の中でも多岐に亘った求人が魅力です。

製造職や未経験・スキル不要などの求人を視野に入れる際には、ランスタッド(製造系)への登録はメリットが大きいと思います。

多くの大手派遣会社からこの3社をピックアップした理由

理由は以下の3点です。

  1. 最も効率的に、様々な職種の求人を網羅できるため
  2. 拠点数が多いだけでなく、拠点がある都道府県や市区町村、実際の登録数が多い
  3. 大手且つ優良派遣事業者認定を受けている

この3点は、各社のHPや求人検索情報から得たデータから結論付けています。
以下に、比較データとしてまとめていますので、ぜひ参考にしてください。
求人数は日々変動がありますが、大きな傾向は変わらないと思いますので、しばらく使えるデータかと思います。

【派遣会社比較データ①】大手派遣会社6社の派遣求人数、拠点数、登録者数

派遣会社毎の派遣求人数

一般派遣、紹介予定派遣、正社員型(無期雇用)派遣の『派遣求人』のみを抽出しました。

圧倒的な求人数を誇るのは、スタッフサービスです。

次いで、テンプスタッフが求人を多く保有しています(テンプスタッフは正社員求人を含めると6万件以上の求人数があります)。

派遣会社によって得意とする職種が異なるため、職種別の求人数は異なりますが、求人数の母数が多いことは仕事探しに有利に働きます。

一般派遣、紹介予定派遣、正社員型(無期雇用)派遣の違いについてはこちら

【派遣会社比較データ②】派遣会社毎の得意な職種、拠点がある都道府県/市区町村のデータ

派遣求人の職種内訳:テンプスタッフ

拠点情報(公式HP)

会社概要(公式HP)

上記3社をおすすめする理由の詳細

最も効率的に、様々な職種の求人を網羅できるため

求人数の多さがポイントです。

職種別求人データの通り、各職種の派遣求人はテンプスタッフとスタッフサービスで賄うことができ、さらにランスタッドで製造職をカバーすると、より強固になるためです。

拠点数が多いだけでなく、拠点がある都道府県や市区町村、実際の登録数が多い

拠点数が多いことで求職者によって有利なるのは、以下3点。

  • 住まいの近くで仕事を見つけられる可能性が高まる
  • 就業中もフォローが受けやすい
  • 家族転勤や引っ越しなどで居住地域が変わっても、派遣元を変えることなく働くことができる(派遣元、つまり雇用元が変わらないということは有休など引き継ぐことができる)

ただ拠点数が多いだけでは、例えば都会に集中して拠点がたくさんあるというケースもあり、日本全体を網羅できていないことがあります。

そこで今回は、その派遣会社の拠点がある都道府県と市区町村も比較しました。拠点がある都道府県や市区町村が多いテンプスタッフやスタッフサービスは、都会から地方まで幅広く網羅できています。

大手且つ優良派遣事業者認定を受けている

法令遵守しているだけでなく、派遣社員のキャリア形成支援やより良い労働環境の確保派遣先でのトラブル予防など、派遣社員と派遣先の双方に安心できるサービスを提供できていると、その派遣会社は『優良派遣事業者』として認定されます。(厚生労働省が審査機関団体に委託)

派遣会社を選ぶときには、以下の図の『優』マークを保持しているか、HPなどで確認しましょう。

現在、『優良派遣事業者』に認定されている派遣会社は152社のみです(参考:優良派遣事業者認定制度 認定派遣会社一覧

2018年時点での派遣会社事業所数は38,128箇所ですので、この認定を受けている派遣会社は一握りもないくらい少数です。ゆえに、どんな派遣会社を選ぶ際にも、『優良派遣事業者』かどうかを確認しましょう。

※なお、本記事に記載した派遣会社6社は、全て『優良派遣事業者』です

複数の派遣会社に登録する方がお得

複数の派遣会社に登録するべき理由

複数の派遣会社に登録しておくことで、以下のメリットがあります。デメリットは少し手順が面倒というくらいなので、十分なリターンがあります。

メリット
  1. 応募できる求人数が増える(特定の派遣会社でしか扱っていない求人がある)
  2. 雇用主となる派遣会社を自分好みで選択できる
  3. ある派遣会社が自分に合わない場合やご縁がなくなった場合でも、他の派遣会社から仕事を紹介してもらえる
  4. 登録は無料でできる
デメリット

登録完了するまでが面倒(ネットでWeb登録を行った後、対面登録を行う)

例え大手の派遣会社であっても、派遣会社には求人の得手不得手があります。
「事務職には強いがエンジニア職には弱い」、「看護系に特化している」などです。

また派遣先によって、特定の派遣会社としか取引をしないというケースもあります。
「派遣会社1社独占である場合」や、「その派遣先が取引する上位3社に絞って求人を依頼する場合」などです。
派遣先もあまり取引する派遣会社を増やすと契約処理が煩雑になるので、取引派遣会社を増やしたくないというケースは多いのです。

そして、派遣会社そのものも、会社としての体質があります。
しっかり研修を行う派遣会社、フォローが強い/弱い派遣会社、などです。
人によっては、『合わない』ということが起きることもよく聞きます。

自分自身の選択肢を増やし、派遣就業を有利にするために、複数(3〜5社程度)の派遣会社へ登録しましょう。
派遣会社への登録は無料ですので、最初の登録が面倒ということ以外にデメリットはありません。

この3社以外の派遣会社にも登録すべきなのか?

はい、他の派遣会社にも登録しておくとより良いと思います。

今回紹介したテンプスタッフ、スタッフサービス、ランスタッドは、登録しておけば多くの求人に触れることができます。

ただ、その地域によって磁場に強い派遣会社がいることもあれば、ニッチな職種の求人はたとえ大手派遣会社であっても持っていない可能性があります。

お住まいの地域や希望する専門職種によって、必要な派遣会社に登録されるのが無駄もなくベストです。

しかし、この派遣会社に登録するだけで大丈夫かな?」あまり名前を聞かない派遣会社は不安だななどと言った場合には、大手派遣会社への登録は安心材料にもなります。

大手派遣会社をメインで使わないにしても、登録は全て無料であり、紹介を受けられる仕事の数は必ず増えるため、早めに登録だけしておくという方法もありです。

派遣の仕事を探しているけれど、まだ登録されていないという方は、この機会にぜひ試してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップで読みたいトピックへ