【無料】キャリアコンサルor試験対策 『LINE 友だち登録者限定』詳しくはこちら

【超・初心者向け】NISAをわかりやすく解説/筆者のNISA実績公開

先日、数年ぶりに昔の会社の同期と会いまして、そのとき、お金の話題があがりました。

僕らも41歳(2024年4月時点)。
子供の学費とか、老後の生活費とか、お金にとても敏感なお年頃です。

『副業』や『生命保険見直し』の話も出たけれど、その中でNISAのことも話しました。

もとよし

そうえいば、NISAやってる?
ぼく3年前くらいからやってる

友人

いや、やってない。
やろうとは思っているけど、なんかよく分かんなくて💦
勉強してからやろうかなって思ってる〜

もとよし

もったいない!
早く始めるほど、お金貯まるから、すぐやろうで!

「具体的に、こうしたらいいよ!」とか出しゃばるのは僕も嫌なので、
これ以上は特にプッシュしていません。
自分のキャリアなので、『自分で選択して決めなきゃ』ですからね。

ただ、『選択するための材料』として、この記事を書こうと思いました。

 

その友人は、
『NISAは気になってるけど、腰が重いなぁ。勉強する時間ないし。』
と言っていました。

なので、同じように、

①NISAのこと気になっているけど、なかなか腰が重いなぁ

②NISAを勉強したいけど、時間がない

③NISAって怖くないの?

と悩んでいる方に向けて、

✔︎ 専門用語なし!(むしろ僕がそこまで出来ない)

✔︎ その代わり、サクッと理解できるように解説

✔︎ 長期でみれば、NISAでお金は確実に増える!(と僕は考えている)

ということを解説していきます。

もとよし

初心者の方でも大丈夫!
専門用語は少なめに、図解を多めにして、やさしく解説します。

 

「一人で勉強するのはムズい…」という方に、最強の味方!
【お金のみらいマップ】
プロのFPから、
無料で相談やアドバイスをもらえる!

 

タップで読みたいトピックへ

筆者の『NISA』運用実績

まず最初に、僕のNISA実績を紹介します。
NISAで得した証拠がないと、説得力がないですからね。
そんなにめちゃすごい金額ではないので、少し恥ずかしいですが・・。

NISAで資産1.6倍に! 〜145万円を投資して、234万円まで増えた〜

僕は2020年9月から、NISAをはじめました。
この記事を書いているのが2024年4月なので、この時点でNISA歴3年8ヶ月目です。

毎月3万3千円を積み立ていて、入金額を合計すると145万円くらい。
そして、そこに利益が+89万円ついて、総額は234万円になっています。

2024年4月時点
「お知らせ」読め!

 

60歳のころには『1,901万円』になっている?

このままの調子で、毎月3万3千円を積み立てていくと、
60歳になる頃、いくらになっているのか、シミュレーションしてみました。

コツコツ積み立てることで、入金額は累計938万円になり、その頃には、利益は+963万円に!
総額 1,901万円まで貯めることが出来そうです。

もとよし

このシミュレーションは、僕の234万円をベースに、ひきつづき毎月3.3万円を積立て、『年間利回り5%』で計算しています。
(利回りについては、のちほど解説)

ここ3年間は、余裕で利回り5%を超えているのですが、硬く考えて、5%で計算しました。

僕くらいの規模でのNISA運用であれば、
「何億円も資産が作れる」というわけでは無いですが、
とは言え、人生に必要なお金の足しにはなりますね!

 

『貯金のみ』だったら、こんなに増えない

僕は、NISAをはじめる前は、『三菱UFJ銀行』と『ゆうちょ銀行』に預金・貯金して、お金管理をしていました。
しかし、もしこの145万円分をそのまま貯金していたら、この3年間で千円すら増えてなかったです。

なぜなら、銀行の預金金利は『低い』からです。

金利:預けたお金につく利子。
たとえば、100万円を年金利1%で預けると、1年後には、100万円×0.01(1%)=1万円が利子となって増えるよ。

三菱UFJもゆうちょも、金利は年0.02%。

 

とてもじゃないけど、預金・貯金では、3年で数十万円のお金を生み出すことは、無理ですね。。

お金を貯めるために、「副業節約をやろう!」という考えは素敵です。
でも、せっかくNISAという、もっと楽で、もっと素敵なツールがあるので、
うまく活用して、効率的に資産をつくりましょう。

もとよし

ちなみに、僕は今でも銀行への預金・貯金は残しています。

NISAも絶対にリスクが無いとは言えないので、NISAに全額突っ込むことはしないです(今のNISAの運用方法なら、コケることは無いと思っていますが)。

しかし、銀行に預けると「増えない」というリスクがあります。お金が「増えない」と、円安で円の価値が下がることで、『日本円』としての資産は減ります。100万円預けてても、数年後には80万円分の価値しかないかもしれないのです。

大事なことは、資産を分散させてリスク分散することだと思っています。

 

それにしても、NISAはなんでこんなにお金が増えるのか?
そのカラクリを、理系の僕が、できるだけわかりやすく説明しましょう。

 

なぜ『NISA』でお金が増えるのか?

ここからは、なぜNISAでお金が増えるのか、解説します。

正確には、「NISAでお金を増やす」というより、
「NISA枠を使った上で、投資信託でお金を増やす」
が正しい表現かなと思います。

難しい話ではないので、順をおって説明していきますね。

もとよし

僕は簡単にしか説明してない(てか出来ない)。
なので、もっと詳しく知りたい方は『YouTube』や『Webサイト』で解説がたくさんあるので、そちらを見てくれ!

『投資信託』ってなに?

まずは投資信託のことを、ザックリ知っておきましょう。
図で超シンプルに説明すると、こんな感じ↓

投資信託とは、その名の通り、株の投資運用をプロにお任せする方法です。

株の投資運用は、
『株価が安いときに株を買う』
『株価が高いときに株を売る』
を繰り返すことで、利益を出します。

 

ただ、素人の僕は、買い時・売り時なんてわからないです

 

そういう方は、投資先となる商品(株の詰め合わせパック)を選んで、お金だけ預けて、あとはプロにお任せ
これが、投資信託です。
多少の手数料はかかりますが、得られる利益に比べれば、全く気になりません笑。

 

NISAで資産を増やしている人は、
この投資信託で増やしている人がほとんどです。

もとよし

僕も、投資信託だけで、お金が増えています!

株(投資信託も同様)の売り買いは、普通の銀行口座では出来ません
『証券口座』という、現金も株も運用できる口座が必要です。
楽天証券口座やSBI証券口座が有名ですね。
証券口座の作り方は、最後に解説します。

 

成長する商品に投資すれば、資産は増える!

ここでは、投資信託を上手く使う方法、
つまりお金を増やしやすい方法を説明します。

結論、こうします↓

① 『成長する商品(株)』に投資する

② 10年、20年と、長期間じっと待つ

①は「それがわかれば、苦労はしない!」と言われそうですね・・。
②はかなり重要。待つだけなんで誰でも出来るので簡単です!

それぞれ、詳しく解説します。

 

① 『成長する商品(株)』に投資する

投資信託を始めるときは、まず投資先となる商品(株の詰め合わせパック)を選ぶわけですが、
当然ながら、『必ず成長する株』を選択したいところ。

必ず成長する株とは、結論、『全世界の株』『アメリカの株』です。

投資を勉強している多くの人がそう答えるでしょうし、僕もそう思います。

 

理由はシンプル。
・世界経済は成長し続けるから
・世界経済の中心はアメリカだから

これは、見ればわかります。

まず以下のグラフを見てみてください↓

引用:日興アセットマネジメント https://www.nikkoam.com/fund-academy/rakuyomi_basics/vol-03-09

このグラフは、過去30年間における、世界経済と世界株価の推移です。

基本的に、経済が成長すれば、株価は上がります。経済が衰退すれば、株価は下がります。

世界経済はこれまでずっと成長してきています。そして、世界株価もグイグイ上がっています。
今後もそれは変わらないでしょう。

もとよし

「今後、どうなるかわからないじゃないか!」と思われるかもしれませんが、もし、世界が『今後ずっと衰退する』のであれば、世界滅亡です。
お金どころの話ではなくなります。
リーマンショックによる下落(2008-2009年)などはありますが、長期で見れば右肩上がりなのです。

 

では、アメリカはどうでしょう?
ついでに日本とも比較すると↓

引用:auカブコム証券  https://kabu.com/item/foreign_stock/us_stock/column/5.html

過去30年間で、アメリカの株価(ダウ平均)は右肩上がり
一方、日本の株価(日経平均)は横ばいです。

 

ちなみに、アメリカは世界経済の1/4を担っている、世界トップの経済大国。

外務省・主要経済指標のデータから作成 https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100405131.pdf

もとよし

だから、アメリカ経済が世界経済に与える影響は、多大なんですね!

ということで、お金を増やすために投資信託するなら、
今後も長期目線で見れば、確実に成長するであろう、
『全世界の株』『アメリカの株』が良いのです。

 

10年、20年と、長期間じっと待つ

『全世界の株』『アメリカの株』で投資信託を始めたら、
あとは放置するだけです。

何年も、何十年も。
普段は、NISAをやってることなんて忘れているくらいが丁度いいです。
僕も、数ヶ月くらいまったく見ていないことがあります。

 

やってはいけないことは、短期間でやめてしまうこと。

短期間の運用だと、どうしてもマイナスにぶち当たってしまうことがあります。

そして、「うわ、減ってる!やばい!」ってビビってしまって、投資をやめてしまうのです。

もとよし

僕も、投資信託を始めて2,3ヶ月くらいは、数千円マイナスになることは多々ありました。その度に、「やばいー!」とか思っていました。

でも、先ほどお伝えしたように、『全世界』か『アメリカ』の株であれば、
長期的には上がっていくもの。

なので、「ごちゃごちゃ気にせず、ただ待つ!」が最善です。

 

「一人で勉強するのはムズい…」という方に、最強の味方!
【お金のみらいマップ】
プロのFPから、
無料で相談やアドバイスをもらえる!

 

『雪だるま式』という考え方(複利の話)

Screenshot

よく、「●●が雪だるま式に増える」というセリフがありますが、
これはどんどん重なっていくことで、一気にモノが増えることを示すときに使いますね。

 

実は、NISAも雪だるま式でお金が増えます

もとよし

怒られそうなくらい、雑な説明・・。
ここから、ゆっくり解説します。

かんたんな算数をします。

ちょっと前に、『年間利回り5%』がどうこう、って書きましたが、これは、「1年で利益が5%出るよ」という意味です。また、年間利回りのことを『年利』とも言います。

例えば、1万円のお金が、年利5%で増えると、1年後いくらになるでしょう?
そう、答えは1万500円です。

 

では、1万円を年利5%で、2年間運用するとどうなるでしょう?

「1年で500円増えるから、2年だと2倍の1,000円増える、つまり2年後は1万1,000円になっている!」
よくある間違いです。

正解は、1万1,025円。


なぜかというと、年利5%は、元手の1万円だけにかかるわけではないから。
1年後に増えた『利益500円』に対しても、年利5%がかかります。

 

ちなみに、1万円を年利5%で、10年間運用すると、
10年後の結果は1万5,000円ではなく、1万6,289円になります。

 

このように、生まれた利益にも利率がかかり、雪だるま式に増えていくのです。

利益に利率がかかることを、『複利(ふくり)』と言います。

投資信託は、この複利のおかげでお金が増えやすくなっています。

 

え、『NISA』関係ある?

疑問に思う人

「投資信託でお金を増やす」、はわかった。
じゃあ、NISAって関係ある?

もちろん、NISAは関係あります。

それは、投資信託で得られた利益に、税金がかからないということ!

本来、投資信託や株運用は、証券口座の『一般口座』で行うものなのですが、
そこで得た利益には、約20%の税金がかかります。

たとえば、500万円の利益が出たら、約100万円が税金で引かれます。
これはかなりデカいですよね・・。

 

しかし、ここで登場するのが『NISA』。
「NISAを使う」とは、証券口座のなかの『NISA口座』を使うということなんです。

 

NISAは、投資できる金額には上限がありますが、
その中で運用して得られた利益は税金がかからない非課税対象となるのです。

500万円の利益が出たら、税金が引かれることなく、
マルっとお金を手にすることが出来ます。

もとよし

NISA枠の投資額上限については、もうちょい細かい設定があります。
僕は上限まで使うことはなさそうなので、気にしていません
興味がある方は調べてみてください。
ただ、上限まで使いそうにない場合は、覚えなくても問題なしです。

『NISA』を始める際の注意点

NISAを始める前に、1つだけ注意点があります。
それは、銀行経由で始めないことです。

銀行が扱う投資信託の商品は、商品購入時や運用中の手数料が高い傾向があります。
銀行がかんでるから、その分高いのかなと思います。
他にも、取扱商品数が少ない、積立設定金額が1,000円以上じゃないとダメ、といったデメリットもあります。

 

NISAを始めるなら、『楽天証券』や『SBI証券』といったネット証券一択です!

『NISA』の始め方

『NISA』を始めるためには、証券口座が必要です。
で、前述した通り、証券口座は銀行ではなく、ネット証券で作りましょう。

僕は、ネット証券の一つである『楽天証券』でNISAをやっています。

楽天ユーザーなら、楽天クレジットカード経由でNISAに入金でき、
NISAをしながら楽天ポイントも稼ぐことができるので、お得なんです!

証券口座の作り方は、別途解説記事を作成しましたので、その通りに操作すればOK。
めちゃくちゃ簡単です。

 

どのネット証券を使おうか迷って決められない、という場合でも、
気に入らなければ最悪乗り換えれば良いので、大したリスクはないです。
迷ってなかなか始められないほうが勿体無いですね。

筆者の『NISA』運用方法

最後に、僕のNISA運用方法を、ちょこっと紹介します。
もっと上手い運用方法もあると思いますが、僕は今のがシンプルで負担もなく、満足しています!

まず、商品ですが、
eMAXISSlim米国株式(S&P500)
です。

S&P500とは、アメリカの代表的な企業500社の株価指数。
僕は、アメリカ優良企業の株の詰め合わせパック、くらいの感覚でいます。
人気商品で、買付ランキングも1位。

もとよし

全世界(オールカントリー)もいいのですが、
アメリカが全世界の経済を一番牽引しているので、
こっちのがリターンが大きいかなと思って、この商品にしました。

積立設定額は、毎月33,000円
昔、積立NISAが年間40万円までしか投資できなかったので、その名残です笑
今のところ、自分にとって丁度いい投資額だなって思っています。

やったことは、以上です!
あとは放置です。より詳しいやり方は、こちらに公開。

これを3年ちょっとやってきて、89万円ほどプラスになっている、というわけです。

もとよし

スマホがあれば、簡単にNISAを始めることができます!
やり方は、こちらで詳しく紹介しています↓
【初心者向け】スマホでNISAを始める方法

僕のNISAの設定も紹介していますので、ご参考までに!

まとめ

今回は、僕自身のNISA運用実績を公開しつつ、
NISAでお金が増える仕組みを簡単に解説しました。

将来資産に不安がある方は、ぜひNISAをやってみてください!

楽天証券やSBI証券なら、月100円ずつの積立投資も可能ですので、
最初は練習で、少額でやってみるのもいいと思います。

将来のお金を貯めるための副業や節約をする前に、
まずはNISAを始めておくことをオススメします。

 

「一人で勉強するのはムズい…」という方に、最強の味方!
【お金のみらいマップ】
プロのFPから、
無料で相談やアドバイスをもらえる!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップで読みたいトピックへ