派遣の入口 派遣の出口≫【派遣スタッフさん or 派遣会社営業さん向け】キャリアコンサルタント相談窓口詳しくはこちら

派遣の職場見学で就業見送りになる本当の理由5選

派遣の仕事が決まるまでの過程のなかに、職場見学があります。

派遣先が派遣求職者を選考することは法的にNGですが、この職場見学をきっかけに就業決定が見送りになることは実際にあります。

今回は、職場見学で就業見送りになる理由を解説します。

清潔感が大事とか、表情明るくとか、マナー気をつけて、など、そんなありきたりな事は書いていません
派遣会社勤務を長年経験してきた目線で、もっと本質的なことを伝えていきたいと思います。

職場見学で見送りなる人の特徴として、5点記載しました。

たくさんありますので、以下の目次から気になる項目だけ選んで読んでいただいてもOKです☺️

タップで読みたいトピックへ

職場見学とは

まずは簡単に、職場見学とは何か説明します。よくご存知の方は、ここは飛ばしていただいて大丈夫です。

職場見学とは、その派遣先候補の会社へ見学に行くことです(派遣会社の担当者が同席します)。

実際に働く環境はどんなところなのか、どんな方と一緒に働くことになるのか、確認することができる場ですので、有効に活用しましょう。

そして重要なのが、お互いの顔合わせ・面談の機会でもあることです。

派遣法上、派遣先は派遣社員を選ぶ際に、面接での採用判断、つまり『選考』をしてはいけません

しかし、派遣先はこの面談中でのあなたの自己紹介質疑応答から、本当にスキルや経験がマッチしているのか、確認をしています。

就業決定のためには、この面談はかなり重要です。

あなたのスキル・経験が相手に正しく伝わらなかったり、この人とは一緒に働きたくのは難しいなと思われたりすることで、就業見送りになる可能性があるためです。

※職場見学の詳しい流れはこちら(【業界経験者が語る】派遣で仕事が決まる方法)

職場見学で就業見送りになる人の特徴5選

ずばり、以下の5点のいずれかに該当する場合、就業見送りになる可能性が高まります。

次の項目で、それぞれの特徴について1つずつ、なぜ気をつけないといけないのかを解説します。
そして、どうすれば良いのか、具体的な対策もお伝えします。

正直、これをクリアできれば、スキルや年齢面で多少不利でも、かなり就業決定しやすくなります

なお、派遣の職場見学だけでなく、正社員面接でも使えるものも多数ありますので、ぜひ参考にしてください。

解説と対策

見送り理由①:自己紹介が長すぎる

なぜよくない?

  1. 要約力がない、まとめる力がない、と思われる
  2. 自己主張が強くコミュニケーション力が不安、と思われる

自己紹介をしている時間は、自分が一方的に話をしている状態です。
つまり、これは相手の時間を奪っている状態であり、そこで長く話続けることは、NGです。

限られた短い時間で伝えるべきことを端的正確無駄なく伝えることができるか、相手のことを考えられる人なのか、自己紹介で見られています。

このように、自己紹介はその人のキャリアを知るだけでなく、その人の人柄思考力も見えるものです。

どうするべき?

自己紹介は2分がベスト。最長でも3分に抑えられるようにする

人が集中して話を聞くことができる時間は、1分半程度と言われています。2分半くらいが耳を傾ける限界というところでしょう。
ただ職場見学では、就業先の相手はあなたがどんな人なのか興味を持っていますので、1分半より、もう少し長くても大丈夫です。

逆に1分台で自己紹介が終わると、ちょっと物足りない空気が流れることが多いです。

職場見学での自己紹介は、2分程度がベスト

『それじゃあ短い』と思われるかもしれませんが、自己紹介が上手な方は、どんな経歴の方でもこのくらいスマートにされ、以降の対話もいい雰囲気で進みます。
もし相手から聞きたいことがあれば、後の質疑応答で質問されますので安心してください。

なお、3分超えると…、派遣会社の営業担当は『もうそこまでにしましょー!💦』と叫んでいます(心の中で)。

私も、自己紹介を長くされると、応募者さんに気付いてもらいたく、ちょっと合図を送ったり、「一旦ここまでにして、質疑応答のときに詳しくお話ししましょう」と切り込んだこともあります。

そのくらい、長い自己紹介はいい印象を与えません

また、話す時間を制限すると伝えたい内容を絞らなければなりませんが、その中で自己紹介をきれいに整えることが出来ていると、『この人賢いな。要約力あるな』と好印象になります。

具体的な対策

  1. 自己紹介のキャリア構成を作り込む
  2. 2分に収まるか、実際に声に出して時間を計りチェックする

ⅰ. 自己紹介のキャリア構成を作り込む

自己紹介の全体構成は、以下のシンプルな形でOKです。

名乗り(フルネーム)
キャリア(学歴、職歴)を説明
意気込みや志望理由など一言

当然ですが、自己紹介で時間が必要となる箇所は、キャリア(学歴、職歴)の説明です。ここを2分程度に説明できるよう構成を作り込みます。

端的な構成作りをするため、キャリア(学歴、職歴)は、詳しく説明する箇所と、さらっと流す箇所に分けましょう。

例えば、あなたに経理事務と庶務の職歴があり、今回の職場見学先の仕事が経理事務の場合、経理の職歴経験を詳しく説明し、庶務は一言二言程度でさらっと流しましょう。

また、職歴が多い場合は、類似した箇所をまとめて話しましょう。

そして自己紹介の時点では、詳しい退職理由は話さなくてOKです。時間がかかりますし、言い訳っぽく聞こえますので。詳しい退職理由は質疑応答時に答えればそれで良いです。

一つ例を図解しましたので、参考にしていただけると幸いです。

ⅱ. 2分に収まるか、実際に声に出して時間を計りチェックする

構成が完成したら、スマホのタイマーなどを使って時間を計りながら、声に出して練習してみましょう。
自己紹介の練習は鏡の前でやると、自分の表情も確認で、更に効果的です。

★今は ZoomTeamsなどWebツールを使って、遠隔で面談することも増えてきました。

遠隔で実施する際には、事前に使用ツール(Zoomなど)を起動して、自分を画面に映して自己紹介の練習してみましょう。

目線が難しかったり、意外と暗く映ったりしますので、カメラを見る意識と角度調整は忘れずに。ご家族や友人と繋いでみて、音もちゃんと拾えているか事前にチェックしておくと安心です。

明るく映ると好印象なので、最近ではリングライトを使う方も多いです。在宅ワーク中の遠隔打ち合わせでも重宝するので、1台持っておくことをオススメします。

【楽天ランキング1位】 LED78個 日本語説明書 付き リングライト スマホ スタンド 卓上 クリップ LED スマホ ライト 自撮り 就活 送料無料 JGP-021

価格:2,680円
(2021/5/2 10:09時点)
感想(39件)

見送り理由②:自分のキャリアを上手く説明できない

なぜよくない?

  1. 『仕事の内容を理解せず、適当にやってきたのだんだろうな』と思われる
  2. キャリアに一貫性がない場合、『うちに来てもすぐ辞めちゃうんじゃないの?』と思われる

どんな仕事をしてきたのかと聞かれたとき、正しく説明が出来ない。また、どんな経緯や希望でこれまでの職歴を歩んできたのか、自らのキャリアを説明出来ない。このデメリットは大きいです。

ここではその問題について解説します。

ⅰ. 『仕事の内容を理解せず、適当にやってきたのだんだろうな』と思われる

今応募している仕事内容が「思考を求められない単純な仕事」だったら問題ないかも知れませんが、経理事務職や秘書職、薬事申請などのメディカル職、プログラミングなどのIT職、食品分析や遺伝子実験などの研究職、等々、仕事内容が専門的になるほど(つまり思考が必要な仕事ほど)、厳しく見られます。

ⅱ. キャリアに一貫性がない場合、『うちに来てもすぐ辞めちゃうんじゃないの?』と思われる

キャリアの一貫性ない」とは、例えば、

  • 業界/職種に関連性がなく、職を転々としている。
  • 自分がやりたいことと経歴が一致していない。
  • 理由なく、短期就業を刻んでいる。

といったものです。

キャリアに一貫性がない転職は、思考が浅い嫌になったり飽きたらすぐに辞める、という印象を与えます。

この一貫性がない、というのは、派遣先は非常に嫌がります。それが理由で見送りになる場面もたくさん見てきました。

職場見学後、派遣先から派遣会社担当者へ「転職理由がなぁ、心配だなぁ、ちゃんと続けてくれるかなぁ」と言われるんです。

(個人的には『派遣はそもそも一時的な雇用だし、そこまで厳しくしなくてもいいじゃないのかな…。それなら最初から正社員として募集したらいいのに😥』と何度も思ったことがあります…)

転職回数が多い少ないより、「なぜこれまでそのような仕事を選んできたのか」「なぜ仕事を変えようと思ったのか」「なぜ当社(派遣先)を希望したのか」、というキャリアの一貫性の方が重視されるんです。

どうするべき?

過去、キャリア選択をしたときの思考を整理する

具体的な対策

  1. これまでのキャリア(学歴、職歴)を紙に書き出す
  2. なぜこの仕事を選んだのか、なぜ退職を決意したのか、その時の背景や感情を書き出し、思考を整理する

書き出すという行為、やってみると結構思考が整理できます

騙されたと思って、ペンと紙を用意してください。紙はノートでも裏紙でもなんでもいいですが、できればA4コピー用紙が自由に書きやすくていいです。

紙に、キャリア(最終学歴あたり、これまでの職歴)を3行間隔を空けて書き出してください。

そして、それぞれのキャリアに対し、開けた3行の部分に、入社(入学)/退職を選択した理由当時の感情を、思いつくこと全てを書き出しましょう。

すると、自分がどんな思考でキャリア選択をしてきたのかが浮き彫りになります。

いつから、なぜ、どんな考えを大事にして仕事をしてきたのか、が見えてくると思います。それは話せるようにしておいてください。

質疑応答で転職理由を聞かれたとき、「〇〇がきっかけで、このように考え方が変わって、こうなりたいと思い転職しました」と詳しく回答できると、納得感が増大します。

1 2 3

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップで読みたいトピックへ