派遣の入口 派遣の出口≫【派遣スタッフさん or 派遣会社営業さん向け】キャリアコンサルタント相談窓口詳しくはこちら

伝えにくい退職理由の伝え方 『10選』【派遣職場見学(顔合わせ)】

派遣であっても、職場見学(顔合わせ)で『退職理由』を聞かれることは多々あります。

では、その『退職理由』をどう伝えれば良いのか?

この記事では、

「派遣だから退職理由をいう必要はないのではないか?」
「違法じゃないか?」

という建前ではなく

現実はどうなのか
実際にクリアするためにはどうすれば良いのか

を派遣業界経験者の目線で、赤裸々に書いています。

もとよし

言いにくい退職理由というものは、たくさんあります。
でも、なぜそれがマイナスの印象を与えてしまうのかを理解して、払拭させるポイントを押さえれば、ほとんどの退職理由は上手に伝えることが出来ます。

この記事を書いた人

 人材派遣会社に14年間勤め、これまでの派遣顔合わせ対応回数は累計4桁以上。民間企業、大学、公的機関など様々な派遣先に対し、多くの就業決定サポートをしてきました。【求職者のタイプ】×【派遣先のタイプ】の掛け合わせを重視し、より良い顔合わせを実現してまいりました。
 ≫ プロフィール詳細はこちら

※「そもそも退職理由を伝えるべきか?」という問いには、こちらの記事で考察をまとめています。
 >【マッチ度UP!!】派遣の職場見学で『退職理由』を伝えるメリット

タップで読みたいトピックへ

『マイナス印象を与えやすい』退職理由とは

退職には様々な理由がありますが、以下の理由10選は相手にマイナスの印象を与えやすいものです。

マイナス印象を与えやすい退職理由

① 上司のパワハラ
② 職場の同僚との関係性悪化
③ 給与が安い
④ 通勤距離が遠い
⑤ 仕事が忙しすぎる
⑥ 仕事が暇すぎる
⑦ 仕事が難しすぎる
⑧ 仕事が簡単すぎる
⑨ 体調不良
⑩ 学業専念(自分の留学や学校入学など)

これらの退職理由を説明するときは、注意が必要です。

ちなみに、マイナスの印象になりにくい退職理由は以下のようなものです。

マイナス印象になりにくい退職理由(参考)

・就業先の予算縮小による終了
・就業先の業務縮小による終了
・期間限定業務での満了終了
・就業先の事業所移転
・就業先の閉鎖や倒産
・自身の結婚
・出産&子育て
・家族の介護
・家族の転勤などによる引越し(※)
 ※今後の発生頻度など、懸念材料になることはあるが、退職理由としてマイナスではない。

マイナス印象の退職理由の伝え方

ここからは、マイナス印象を与えやすい退職理由の伝え方について具体例を記載します。

(読みたい項目をタップで開くと、内容を確認できます)

退職理由を伝えるポイントの共通点

ここまでで10通りの退職理由の伝え方事例を紹介しましたが、
どれにも共通して言えることがあります。

この共通点を覚えておけば、伝え方の内容や言い回しは、
状況に応じて自由に変更できるようになります。

ポイントの共通点

✔︎自分でなんとかしようと前向きに考えたり動いたことがある。

✔︎嘘をつかないこと。誰にも相談してないのに、「派遣会社と相談して」「派遣先の上司と相談して」と言わない。

✔︎退職が将来に向かった一歩になっていること。

どの退職理由も、あって当然のものばかりです。

大事なことは、「嫌だったから辞めた」ではなく、

「嫌だったから、良いように変えたくて転職を希望した」

と前向きな姿勢を持つことです。

補足:採用側が気にしていること

『採用する側は、面接や職場見学で、何をチェックしているのか』

筆者は自分の部下を採用面接するなど、採用面接にも関わってきました。

採用側の目線として、補足としてお伝えします。

正社員と派遣の違い

正社員採用と派遣社員登用との間でも、
採用側が気にしているポイントが異なります。

以下、表で比較しました。

▼採用側が気にしていること

項目正社員採用派遣社員登用
就業期間出来ればずっと在籍し、骨をうずめてほしい。仕事があるまでの間だけいてほしい。契約終了時期は仕事の有無で決まる。短期でも長期でも、最後まで契約満了してもらうことが最重要。
業務レベル年齢が高いほど即戦力を求める。現役で働ける時間が短いため。若い場合は、「育てる」。最終的に戦力の期間が長く、ペイできれば良い。基本的には即戦力を求められることが多い。派遣期間が短いほどその傾向は強い(教育の時間が少ないため)。
協調性将来期待する分、所属部門以外とも関係性を築けるコミュ力が求められる。会社全体と協調してほしい。所属部門の中だけ、あるいは仕事で関連する部門とだけ、協調してくれれば良い。
責任感自分の仕事が、会社へどんな影響があるのか理解が必要。自分の仕事のミスや自分が抜けることでどんな悪影響があるのか。もちろん自分の仕事に責任を持たねばならないが、会社への影響までは意識しなくても登用OK。途中で投げ出さない、契約満了する、という気持ちがあれば良い。
帰属意識必須。会社の理念に共感し、理念を実現する行動をとることを求められる。基本、求められない。与えられた業務(もしくはそれ+αの仕事)をやってくれれば良い。
将来性成長してほしい。より責任がある仕事を行なったり、役職がある立場になってほしい。会社を引っ張る人材になってほしい。基本、求められない。将来的な雇用を約束できているわけでもないので。直接雇用に切り替わる際には求められる。

一概に全ての採用側が上記の考え方、というわけではありませんが、
おおよそ当たっていると思います。

派遣に求められること

先ほどの表から、派遣において、
採用担当者に見せたいポイントは、以下3つです。

ずっと生涯勤め続けることは不要。約束の期間働きます、と伝われば良い。

② 帰属意識は不要。会社への貢献より、所属チームへの貢献が出来れば良い。

③ 自分の仕事を責任をもって完遂することが重要。

 ここでの仕事とは、必要とされる期間、必要とされることをやる、という意味。

派遣先に、この3つが大丈夫そう、と思われたら、
退職理由が原因で見送りになる可能性は激減します。

まとめ

✔︎退職理由には、相手にマイナス印象を与えるものと、そうでないものがある

✔︎マイナス印象がある退職理由であっても、好転したいための転職であると、前向きな姿勢や表現が大事

✔︎派遣においては、必要とされる期間、必要な戦力となる、ということが派遣先に伝われば、退職理由が原因で見送りになる可能性は圧倒的に低くなる

※派遣から正社員転職を目指す方へ
「派遣から正社員になりたい!」という方はたくさんいらっしゃいます。私も派遣で働いたことがあるので、気持ちはよくわかります。転職するならエージェントの利用は必須。中でもオススメの7選をこちらの記事でご紹介しています。
 ≫人材業界経験者がオススメする、正社員転職エージェント7選

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるとうれしいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップで読みたいトピックへ